×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

非常勤医師への転職・求人情報

医師の実情

近年、医師不足が叫ばれています。小児科医、産婦人科医の不足は、私達の生活の中で定着しつつある事実です。しかし、小児科も産婦人科も、抵抗力の弱い子供にとって、必要不可欠な場所です。そこに医師がいないということは大問題になります。

 

この医師不足に、病院側の対応は、科の閉鎖、あるいは、医師を補うことを選択しなければなりません。医師を補う為には、医師を確保する必要があります。科の存続を決めた医師不足に悩む病院は、医師の求人を出します。

 

 

私達にとって最適なことは、小児科や産婦人科、その他の科において、医師が常勤している事でしょう。しかし、常勤させるとなると、病院側も大変です。その為の給与を確保しなければなりません。また、小児科医や産婦人科医の不足の一番の原因は、その過密労働にあります。常勤の医師たちは、寝る時間さえないほど働いています。特に、小児科や産婦人科の医師は、不足している上に、いつどんな状態で患者がやってくるのか分かりません。また、抵抗力の弱い子供は、大人の救急外来よりも訪れる患者の数が多いと言います。産婦人科も、出産時にどんな事が起きるのか、予測が付かない場合もあります。そうした事体に備える為に、常に待機している事も必要になります。患者の診察に加え、待機も合わせると、医師が不足していては、常勤の医師の負担は益々増えていきます。そうした実情を知っている医学生や研修医、そして、転職を考えている医師たちの中で、小児科や産婦人科への医師離れ、常勤への抵抗が出てくるのだと考えられます。

 

そうした状態を少しでも緩和する為には、短時間、あるいは、曜日限定などの非常勤医師を雇うしかありません。医師側も、非常勤という形態によって、過密労働を避けることが出来ます。こうした実情により、近年では、非常勤医師の求人情報も豊富に揃うようになっています。

転職のポイント

転職を良い状態へ成功させるには、いくつかのポイントがあります。

 

まず、転職を考え始めたら、転職をしたいという動機をまとめる必要があります。転職の動機には様々なものがあるでしょう。今の報酬や待遇に満足いかない、たくさんの症例を経験したい、子育てや子供との時間をもっと大切にしたいから雇用形態を変えたい、スペシャリストになる為に大きな病院へ転職したいなどがあるでしょう。しかし、そういった動機の中には、今の病院で十分経験出来る事だったり、今の病院でこれから期待出来る事だったりすると、転職をしなくても済む場合もあるという事です。自分が本当に転職する必要があるのかを客観視し、検討する必要があります。

 

動機のまとめにより転職する事に決めたら、方向性を決定します。転職支援アドバイザーによると、30代くらいの若い医師の場合には、報酬や待遇よりも経験を重視するのが良いと言います。また、40代になって来ると、家庭と仕事のバランスを計った雇用形態を考えることが良いという事です。そうした方向性が決定したら、情報収集に移ります。情報源は出来るだけ多い方が良いでしょう。友人や病院関係者などから情報を集め、その中で確かな情報を吟味するためです。たった1つの情報だけでは、それが本当の事実かどうか分かりません。経営者、医師、コメディカル、患者、地域住民の視点から、その病院の評価を見ておくと良いでしょう。

 

情報を収集したら、病院を訪問して雰囲気を確かめる事が大切です。ナースステーションやスタッフなどの様子を確認しておきましょう。それが済んだら、ようやく交渉です。納得出来るまで交渉をしましょう。それが、転職を成功させるポイントです。

求人情報

非常勤医師の求人情報は、近年において豊富になっている傾向にあります。転職する意志が固まり、その結論から非常勤での形態が良いと判断した場合には、非常勤の情報を収集しなければなりません。非常勤医師の求人情報には、2通りの書かれ方があります。ひとつは定期非常勤、もう1つはアルバイトです。

 

非常勤とは、常勤ではない事です。定期非常勤は、曜日と時間を指定され、その指定に従って勤務する事です。定期非常勤に多いのは、土曜日の午前中の勤務です。募集する科は、外来や内科、人工透析、救急とさまざまあります。

 

アルバイトとしての非常勤医師は、スポットという検索方法での情報に多く用いられています。日にちを限定し、その日だけ勤務する非常勤医師です。しかしながら、サイトによっては、定期非常勤も、スポットでのアルバイト勤務も、両方をアルバイトとして扱っている場合もあります。情報の内容を確認する必要があると言えます。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


転職支援サイトの利用

非常勤医師への転職に際して、転職支援サイトを利用するという方法もあります。近年では、医師の転職を支援するサイトだけでなく、非常勤医師の転職支援サイトも多数登場しています。

 

また、自分一人での転職活動には、何かと大変な事があります。時間を割く事や情報収集源を探すのは大変な労働力です。自分の目で確かめる事は大切な事です。しかし、人の手を借りるという事も、時には必要です。

 

転職支援サイトでは、登録すると、アドバイザーが転職相談に乗ってくれ、自分に合った転職先を探してくれます。アドバイザーには、医師転職のエキスパートが配置されている事が多いので、そういった転職支援サイトを利用すると良いでしょう。

非常勤医師転職情報を扱うサイト

非常勤医師の転職情報を扱うサイトに、リクルートが運営するドクターズキャリアがあります。ここは、医師専門の転職サイトです。常勤と非常勤の両方を扱っています。アドバイザーによって転職相談をする事の出来るサイトです。

 

その他に、医師転職ドットコムでは、アルバイトとして扱っている非常勤医師情報ばかりを集めているサイトになっています。ジョイ・ドクターネットでは、常勤と非常勤を扱い、転職サポートもしているサイトとなっています。ISITENは、常勤、非常勤を扱う支援サイトであり、イーヒジョウキンは、定期非常勤とスポットアルバイトだけを扱った非常勤専門のサイトです。

 

こうしたサイトの他に、公立病院専門のサイトもあり、自治体病院や診療所の求人情報を扱った医師求人求職支援センターのサイトでも、非常勤医師を扱っています。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


非常勤医師への転職・求人情報エントリー